ホーム > 株主還元策とは > 会社の利益から株主還元策を相談して決める

会社の利益から株主還元策を相談して決める

会社の株を株主は所有しています。
会社の経営理念や事業についての決定権を持っています。
また、会社は、株主優待などから、株主還元策を考えなくてはいけません。
その魅力を感じて、株主となってくれる人もいるからです。
内容は、社内で相談して決めていくことになりますが、大事な決定でもあります。
やはり、他社との差別化をはかるためにも、自社の製品を絡めていくべきです。
飲食店であれば食事券、衣類店であれば商品券などが、自社の製品もアピールしながら、株主への還元になります。
また、その金額も、保有している株式の量にて、違ってきます。
魅力を感じてもらうことができれば、積極的に購入を検討してもらうことができます。
株式を多くの人に保有してもらうことで、会社には資金が集まり、より多くの利益を目指して奮闘することができ、株主に還元していきます。



株主還元策を弁護士に相談してみる

株式会社の場合、株主がいて、その人たちが利益を得るようにしなければいけません。
業績が伸びれば株価も上昇をしますし、利益を生み出すこともできます。
信頼しているからこそ株を購入してくれる、ということに繋がります。
株主還元策を考えて、株主総会に備える必要があります。
株主還元策を考える際に顧問弁護士に相談をすることもあるでしょう。
どうやって話を進めるべきなのか、分かりやすくするためにはどうしたらいいのか、ということも考える必要があります。
業績悪化ということになれば、状況もかなり厳しくなります。
還元をするどころか負債を負わせてしまうことにもなりかねないので、損失を出さないように経営をして行くことが求められます。
損失を出さないようにする、というのは簡単なようでいてかなり難しいことなので専門家からアドバイスを受けることも大事です。



株主還元策の相談をすることとは

株式を発行している企業ですと株主に還元を少なからずすることになります。
しかし、そもそもどんな還元の方法があるのか、ということからわかっていないこともあるでしょう。
株主還元策に関してしっかりと専門家に相談をするとよいでしょう。
これは株価対策でもありますから、かなりしっかりとやるべきことになります。
取締役会で決めることであり、どのくらいの還元であるのかを決めることになるでしょう。
1株あたり、いくらにするのか、となります。
或いはチケット、金券、自社のサービスを受ける権利など意外と還元策というのはいくつもあります。
要するに市場の人たちにこの株を持っていることのメリットとして捉えてもらうことができるのであればそれでよいでしょう。
具体的にお金で還元することがまずはスタンダードであるといえるでしょう。
それが最も無難です。

次の記事へ

PAGE TOP