ホーム > 株主還元策とは > 株主還元策の相談は株主も交えて

株主還元策の相談は株主も交えて

企業が行う株主還元策は、株主にとっては非常に重要なことで、とりわけ個人投資家には大きな選択材料になると言えるでしょう。
株主還元策として注目されるものの筆頭が配当金であることは言わずもがなですが、そのほかにも株主優待があります。
自社製品が人気のある企業は、株主優待を採り入れることで買われるきっかけになりますので、有効な戦略です。
一方で、株主優待をもらっても仕方ないという人も多くなってきており、その分を配当金に組み込んで配当金を増すところも増えてきます。
株主優待がただ廃止されるのであれば、株価は失望売りで下がってしまいますが、株主優待を配当金に充当するのであれば、株価の下落も防げます。
何をどのようにするかは、企業としては株主総会で株主と相談するのがいいでしょう。
経費の面においては、税理会計の専門家と相談するのがベストです。



株主還元策は多様化のために相談が必要

株主が求める株主還元策は、近年多様化してきています。
株主優待制度は変わらぬ人気を保ち続けていますが、一方で優待品にお金をかけるなら、会社として配当性向を高めてほしいと考える株主も多くいます。
個人投資家にとって株主優待は、懸賞に当選したような贈り物気分を味わえて楽しいですが、機関投資家にとっては配当金になった方が運用面でプラスに働くのは確実です。
そのため、企業としても今後は株主還元策はさまざまな傾向や株主の動向を見ながら、時に専門家に相談するなどして常に刷新していくことが求められる時代になってきたと言えるでしょう。
特にインターネットトレードを行う個人投資家が増えたことは、個人投資家の意向を採り入れた株主還元策を実施することが急務であることを示しています。
情報収集も機関投資家に負けないくらい早くなっていますので、いかに投資意欲を掻き立てるかが課題でしょう。



最適な株主還元策を探すなら専門家に相談を

上場企業が株主に利益を還元する方法はいくつかあります。
まず、配当性向の引き上げがありますね。
利益が出たときに、その中の何%を配当に振り分けるのかは重要です。
これによって、自社株の配当利回りが決まってくるからです。
より高い配当を生み出す株式は市場で人気になりますから、売買も活発になり、取引価格も上がっていきます。
非常にシンプルな株主還元策の一つですが、あまりにも高い配当性向は経営を圧迫する危険性も孕んでいます。
短期投資家の割合が増えるという危惧もあります。
自己資本比率の改善なども、株主還元策の一つには違いがありません。
自己資本比率が高まれば、経営が安定し、株式価値の向上に繋がるからです。
中長期的な視点を持つ株主に対しては、こうした方法の方が適している可能性もあります。
どのような株主還元策が自社にとってベストなのかは、コンサルティング会社と相談の上で決定していくのがいいでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP